· 

精神科 心療内科 不眠症外来 働く人のこころの外来

的外傷後ストレス障害(Post-traumatic Stress Disorder; PTSD)について、
大学での精神科講義でも教鞭をとる当院院長が、簡潔にやさしく解説致します。
まず3つの代表的な症状を示します。

①(再体験)症状とは

外傷的出来事に関する苦痛な記憶が突然蘇るフラッシュ バックや悪夢のこと。

 

 ②(回避/精神麻痺症状とは

外傷的出来事を思い出させる場所や事物を極力避けること。

感情が麻痺したように愛情や幸福感を感じにくい状態のこと

 

 ③(過覚醒)症状とは

睡眠障害、情動不安定、精神的緊張が高まった状態のこと

 

 

 

 PTSDでは  以上の①②③3症状がそろって1か月以上持続します。

 

<PTSDとは>
非常に強く、生命に危険が及ぶような強い心的外傷(トラウマ)を受けたことが原因で、
不安、不眠などの(過覚醒)症状、トラウマに関連する事象を避ける(回避)傾向、
そのトラウマの原因となった事象を(追体験)するといった症状が長く続くことです。
様々な身体症状の原因となるだけでなく、他の不安やうつの背後に隠れているともあります。
<トラウマの原因となる事象>
戦争天災(地震、台風被害、水害、火事)、事故(人身事故)や犯罪(殺人事件、虐待)、家庭内暴力(DV)など
PTSDで悩まれている方、PTSDが原因で不眠症状や不安、気分のおちこみなどの精神症状に悩まれている方、
PTSDが原因で動悸や息苦しさなどの身体症状で悩まれている方は、精神科の受診をお勧め致します。

当院では1人1人の診察時間をゆったりとり、安心して話せる雰囲気づくりを心がけています。

また、なるべく身体に負担が少ない薬物治療や認知行動療法にも力を入れています。

 

気になる症状が続く場合は、銀座スピンクリニック精神科、心療内科へご相談ください。

 

診断書等も3300円で即日発行しております。

銀座スピンクリニック 精神科 心療内科 
電話予約受付 03-6264-5125 (AM11:00~PM7:30)
受付時間外は当院ホームページWEB予約フォームからも初診のお問い合わせが可能です。